腎臓・膀胱net
お問い合わせリンク腎臓・膀胱net

腎臓がん

現代人にとって、がんは避けては通れない病気と言えます。医学の進歩により難病とは言えなくなって来ているものの、それでも大変な労力と時間を掛けなくては治療できない病気であることには変わりありません。ここでは、腎臓におこる腎臓がんの症状や原因、治療法などを紹介していきます。

腎臓がんを知る

腎臓で起こる腎臓ガンは、消化器系の癌よりもショックが大きいといわれています。それは、消化器系疾患に見られる吐血や下血よりも強烈な「血尿」が起こるからだといいます。それに、腎臓癌は小児がんの数少ない症例に含まれることもそのショックを強めている要因といえます。

原因

腎臓ガンの発病原因は未だ特定されていません。しかし、発病リスク因子としては「肥満」「感染症」「腎不全」などが上げられます。小児ガンとして怒る腎臓ガンは「ウィルムス腫瘍」と呼ばれ、発病原因は遺伝性の疾患と考えられています。ウィルムス腫瘍の患者には、何らかの外見的遺伝性疾患が見られる場合が多いのもその理由となっています。ウィルムス腫瘍は、未分化だった腎細胞が変異して発生するものと考えられていて「腎芽腫」とも呼ばれます。

種類

腎臓癌は、ろ過機能を担当するネフロンに通じている尿細管に起こる「腎細胞癌」と尿細管を束ねる腎盂に起こる「腎盂癌」、小児を中心に発生する「ウィルムス腫瘍」の三つに分かれます。成人の場合、腎細胞癌と腎盂癌が発病しやすいのですが稀にウィルムス腫瘍を発病する場合があります。ウィルムス腫瘍は5歳以下の子供に発見されることがほとんどです。

症状

腎臓がんの主な症状は「腎機能の低下」「発熱」「出血に伴う血尿」「倦怠感」「腹痛」「脇腹の腫れ」「体重の減少」などです。ウィルムス腫瘍には吐き気や嘔吐が伴います。腎臓ガンは初期の場合ほとんど無症状で、腎不全から発展した場合は症状が出ても区別が付けづらいのです。また、腎臓癌の特徴の一つには、「再発しやすい」ということがいえます。目に見えるくらい大きな腫瘍巣を取り除いたとしても、その周りには目に見えないくらい小さなガン細胞が存在していることがあるのです。このような大きなガンの周りに小さな癌細胞が分布していることを「衛星病変」といいます。

腎臓がんの治療法

腎臓ガンは病状が進行すると骨転移や肺転移を起こしやすくなるという特徴があります。また、腎臓癌の治療では抗がん剤が使用されることは少なくなっています。なぜなら、腎臓ガンに対して抗がん剤はあまり効果を発揮しないのです。

外科手術

腎臓ガンの手術は、「腎臓の全摘出」または「腫瘍および周辺組織の部分切除」を目的に行われます。腎臓は小型のろ過器がいくつも繋がっている構造になっているので、部分切除しても機能が失われにくくなっているという特性があります。しかし、部分切除術の場合再発の可能性があるため、最良は「全摘出後に腎移植」で最善は「部分切除による機能温存」といえます。

動脈塞栓術

動脈塞栓術は、老人などの手術に耐えられる体力のない患者や転移が認められる患者に対して行われる治療法です。癌といえども変異した細胞に過ぎないので、栄養を運んでくる動脈を塞ぎ癌細胞の自滅を狙います。

免疫療法

腎臓がんでは、抗がん剤を使用する化学療法に変わる形で免疫療法が行われます。人間の身体を守るための免疫機構の力を高めて癌細胞を叩くのです。基本的にはインターフェロンやインターロイキン2の投与や、患者から抽出したリンパ球を増殖させて戻す養子免疫療法が行われます。

腎臓/膀胱
<a href="http://jinzoboko.com/" target="_blank"><img src="http://jinzoboko.com/img/banner.gif" alt="腎臓/膀胱" width="88" height="31" border="0"></a>

腎臓・膀胱net

<a href="http://jinzoboko.com/" target="_blank">腎臓・膀胱net</a>

広告掲載