腎臓・膀胱net
お問い合わせリンク腎臓・膀胱net

水腎症

排尿は、健康を保つために必要な機能の一つです。しかし、排尿が何らかの理由で滞ってしまうとどのような弊害を引き起こすのでしょうか。
水腎症は、そんな排尿障害によって引き起こされる病気の一つです。水腎症の原因や症状、治療法などについて解説していきます。

水腎症とは

水腎症は、何らかの原因で腎臓から膀胱に尿が送られなくなり腎臓が水浸しになってしまう病気です。尿が留まった腎臓は腎機能の低下を起こし、腎不全になる場合があります。

原因

水腎症の原因は、腎臓ではなく、腎臓と膀胱を繋いでいる尿管に起こった異常です。例えば、尿管に結石が出来たことで尿管閉塞を起こすと腎臓で集められた尿が滞留することになります。周りの臓器に出来た腫瘍や炎症で尿管を圧迫されるなどの原因でも尿管閉塞が起こり、水腎症に発展します。

種類

水腎症には、「先天性水腎症」と「後天性水腎症」の二つがあります。後天性水腎症が結石や腫瘍などの後天的な病気を要因にしているのに対し、先天性水腎症は生まれつきの異常で腎臓や尿管が閉塞を起こしやすい形状になっていることを原因としています。先天性水腎症は、身体が出来上がっていない小児にとっては非常に重い病気になるだけでなく、将来的に腎不全を併発しやすくなるので早急に治療を行う必要があります。

症状

水腎症の進行速度は緩やかなもので、気づかない内に進行していくことがあります。尿量が減少して腎臓に滞留することで、血液中の老廃物の影響を受けやすくなり腎機能が低下していき、両方の腎臓に水腎症が発症すると腎不全を起こしやすくなります。また、水腎症を起こすと、排出されない尿で腎臓が膨らんでいくので先天性水腎症を患っている小児の場合、お腹の張りなどで発見することがあります。腎臓が水分で膨らむことによって、内部から臓器などが圧迫されることで起こる腹痛も水腎症の症状の一つです。場合によっては、膀胱内に侵入した細菌に感染し尿に膿みが混じる膿腎症を起こすことがあります。水腎症を原因とする腎盂腎炎や膿腎症は、抗生物質での細菌除去がやりにくいという厄介な性質を持っています。

水腎症の治療

水腎症は、腎臓に滞留している尿の排泄をおこなうことと尿管を閉塞させている原因の病気を治療することで症状が改善されます。

外科手術による治療

水腎症の治療では、閉塞を起こしている尿管の代わりになる腎臓と膀胱を繋ぐ管を増設するバイパス増設術を行います。この場合、塞がっている尿管にはステントという柔らかいチューブを挿入されます。また、皮膚の上から腎臓に直接針を刺して排尿を行う場合もあります。

先天性水腎症の治療

先天性水腎症の場合、腎臓でろ過した尿を集める腎盂と尿管の接続部分が生まれつき閉塞を起こしやすい形状になっていることがほとんどです。先天性水腎症は、ほとんどの場合腎盂形成手術を行うことで症状が改善されます。最近は出生前診断で、先天性水腎症を発見できる場合もありますが、生命倫理上の問題で出生前診断を行わない方針の医院もあります。

腎臓/膀胱
<a href="http://jinzoboko.com/" target="_blank"><img src="http://jinzoboko.com/img/banner.gif" alt="腎臓/膀胱" width="88" height="31" border="0"></a>

腎臓・膀胱net

<a href="http://jinzoboko.com/" target="_blank">腎臓・膀胱net</a>

広告掲載