腎臓・膀胱net
お問い合わせリンク腎臓・膀胱net

過活動膀胱

トイレが近くなる頻尿は、腎臓や膀胱の病気の症状の一つです。しかし、腎臓・膀胱の病気に見られる痛みや血尿などを伴わない頻尿も存在します。近年、新しく存在を認められた病気である過活動膀胱とは、どのような病気なのでしょうか。過活動膀胱の症状や原因、治療法などについて解説していきます。

過活動膀胱とは

過活動膀胱は、2001年に学会で認められた新しい膀胱の病気です。学会で認められるまでは、一般には「尿失禁」として認識されていた病態の一つで、失禁までは行かない程度の症状も見られることから、新しい病気として分けられました。

症状

過活動膀胱の主な症状は「膀胱の活動が活発になり、頻尿を起こす」「頻尿の結果、如失禁を起こすことがある」というものです。膀胱は、胃と同じく体内で伸縮する臓器の一つです。膀胱は、腎臓で集められた水分と体内の老廃物を尿として保持する機能があり、一定の大きさに達すると尿意を脳に伝えて、排尿を行わせます。過活動膀胱は、大きさに関係なく膀胱が尿意を発生させやすくなるので、頻尿を起こすのです。

原因

過活動膀胱の原因としては、膀胱を含めた「排尿に関わる器官」に何らかの異常が起こるためと考えられています。膀胱の伸張性が弱まって尿を溜めておけないため、または排尿を行うための筋肉が活動しやすくなっているためなどの理由が考えられます。これらの症状は、パーキンソン病のような神経障害を引き起こす病気や脳梗塞・脳腫瘍などの脳機能に障害を起こす病気が原因になって起きる場合もあります。また、男性にしか起こらない前立腺肥大症でも、残尿感を伴う過活動膀胱の症状が見られることがあります。

患者の年齢層

過活動膀胱の患者の年齢層は、40代以上の男女に多く見られます。日本では40代男女の8人に一人の割合で過活動膀胱が見られます。加齢に伴って発症する割合が増加する傾向にある病気なので、将来に起こる高齢社会では相当数の患者を抱えることになると言える病気の一つであることは間違いありません。

症状の悪化

過活動膀胱の最大の悩みは「排尿を意識的にコントロールしにくくなる」ということです。通常、排尿はある程度までなら我慢できて、排尿のタイミングをコントロールできますが過活動膀胱の場合、切迫した尿意が起こりやすくなるためトイレに行くのを我慢することが出来なくなるのです。そのため、トイレに行く途中で漏らしてしまったり、トイレに頻繁に行きたくなるため仕事がはかどらなくなったりすることや、寝ている最中に尿意で目が覚めて睡眠不足になることなどがたびたびあります。

過活動膀胱の治療法

過活動膀胱にもっとも有効な治療法は、薬剤投与による治療です。そのほか、トイレを我慢できるようにするトレーニングによる改善法や、水分制限などが行われます。

薬剤による治療法

過活動膀胱の治療に用いられる薬は、尿意を起こす膀胱の収縮を妨げる働きのあるものが使用されます。中でも、副交感神経の機能を阻害することで膀胱の収縮を妨げる抗コリン剤が多く使用されています。抗コリン剤は、副交感神経が生成する神経物質のアセチルコリンの受容口を塞ぐ働きを持っている薬品なので、副作用を考えた上で使用する必要があります。

トレーニングによる治療

膀胱は、その伸縮性によって尿を溜めておける働きを持っています。しかし過活動膀胱の場合、一定以上の大きさになる前に尿意が起こって膀胱が大きくなりきらない内に排尿が起きているのです。そのため、尿意が起きても排尿を我慢するように訓練することで膀胱の伸縮性を鍛え、頻尿の症状を緩和するトレーニングを行う場合があります。

水分制限

尿の元になっているのは、体内に取り込まれた水分なので水分を抑えることで尿意を起こりにくくさせる治療が行われる場合があります。水分制限を行う際は、利尿効果のあるコーヒーや紅茶の摂取を制限する必要があります。

腎臓/膀胱
<a href="http://jinzoboko.com/" target="_blank"><img src="http://jinzoboko.com/img/banner.gif" alt="腎臓/膀胱" width="88" height="31" border="0"></a>

腎臓・膀胱net

<a href="http://jinzoboko.com/" target="_blank">腎臓・膀胱net</a>

広告掲載